chop

ある目標点にたどりつくまでに時間の余裕があると、
まずその余裕をほぼ全部食いつぶさないと着手出来ないんだけど、
いまさらこの精神を治せるんだろうか。

コツコツと何かを積み上げていくのがスーパー苦手なので、
気力のあるときにどわーっと取り組んで、短時間で成果を出さないと、
道中で止めてしまう。飽き性か、これ。

なので、年単位の大きなプロジェクトになってくると、
モチベーションの管理がとにかく難しくて、
それだけでリソースの大半を食われてしまうのがしんどい。
制作期間2年、3年と掛けて、完成品をリリースする人たちは本当にすごいよ。

気分の浮き沈みをなるべく抑えていくのが効果的だとは思っているんだけれど、
上向きの時になると、自分でも驚くくらいのパフォーマンスを発揮できることが
経験的に分かってしまっているので、意識的に取り組めていない。

うだうだ書いたところで何か変わるわけでもないので、
頑張って朝まで仕事します。

throttle

自分の体にハイオク満タンです。
明日までに大枠終わるかな~

Pirate

ドレイク宝具2になった。
前回に引き続きすり抜けるね〜

夏イベは進められるところまでは進めたので、27日の開放待ちかな。

Avatar

昨日、今日と爆睡しまくったおかげで旅行の疲れはとれたけれど、
仕事に充てる時間がごっそり無くなってしまったので、明日まで頑張る。

ゲームする時間もめっちゃ欲しいし、仕事する時間も欲しい。
ほぼ毎日のように自分があと1人欲しい、と思ってしまう。

天津飯の四身の拳みたいなことが出来ればな〜。
…と言っても、この技はリソースも4分の1ずつにしてしまうから、微妙かー。

コーヒーうんま

Oscar

sallyからの誕生日プレゼントで、箱根・天成園へ行ってきた。
いつもありがとう。

全198室もある大きなホテルで、写真のように裏手には庭もある施設。
玉簾の瀧を見ながら食事と温泉を楽しんだり、飼育されているアヒルを眺めたりと
大自然の中でのんびり出来る場所。ここはまた行きたい。

2日目の今日は、ポーラ美術館で開かれている「モネとマティス」の展覧会へ。
正直、美術はかなり疎いんだけれど、sallyがモネについて詳しいおかげで、
時折説明してもらいながらの見学。
歳をとるにつれて「睡蓮」が変化していく様子や、日本が大好きということ、等々。

マティスの作品は、以前見に行ったキース・ヘリングの作品を思い出す画風だった。
時代としてはマティスの方が何十年も先だし、表現の基も違うけど。。。

美術館の外は遊歩道が整備されていたので、暑かったけれど散歩。
めっちゃセミ鳴いてた。

美術館の後は芦ノ湖周辺を軽く散策。西日が眩しすぎたよ。
めっちゃ長い渋滞に巻き込まれながらも、21時頃に帰宅。

明日から仕事がカオスなので、今日はゆっくり休んで、頑張るよ。

BlueStacks

■BlueStacks
https://www.bluestacks.com/ja/index.html

最近、BlueStacksというAndroid Appを動かすエミュレータを見つけて、
可能な範囲でiOS Appからデータを移行してみた。

約2年、まともにやってないFGOも移行したので、
これを機に再開してみようかな。
キャストリア狙いでガチャ引いたら、すり抜けでジャンヌ引けたのもあるし。

more than

最近作りたいものが多い!!!!!!

仕事でもコード書いてるけれど、プライベートでもコードを書く時間が欲しい。
この感覚分かってくれる人とは仲良くなれそう。

テトリス40LINE、1:31.90。

still on vacation

今日からまたサービス開発に全力投球していくよ。
…と言っても、頑張りすぎない範囲で。

左肩の痛みの原因、どうも寝ている時の姿勢っぽい。
昨日寝る前は多少違和感ある程度だったのに、
起きた後にめちゃくちゃ痛かった。

左肩に負担の掛かる姿勢で寝ているんだろうけど、
すぐにこれを改善するのは難しそう。
サポーターを着けてみるのが良いんだろうか。。。

0.5(3)

めっちゃ久しぶりに秋葉原行ってきた。
sallyのサークルが第2回エア秋葉超同人祭に参加するので、それのお手伝い。

https://akb02.melonbooks.co.jp/circle/cockatiel/

↑8/15(土), 16(日)とやっているので、興味ある方は是非買ってください。

設営終わった後、あまえびんさんに教えていただいた「遊舎工房」というお店へ。
自作キーボードキットを販売しているお店で、めっちゃ細かいパーツまで売っている。
自分のハードルが高いのもあって、好みのキーボードは見つけられなかったけれど、
これを機に、自分好みのキーボードを作ってしまうのもアリだな、と。

少し前からエンジニアの間でも自作キーボードがトレンドになりつつあるので、
挑戦してみようかな!?